青森将棋界の情報交換の場です!

掲示板

BBS
アイコン設定
投稿者さん使い方

掲示板の主旨に反する投稿は掲載されません。掲載の是非は管理者が判断いたします。予めご了承願います。
北畠 悟さん (932100pq)2024/4/1 09:13 (No.1124257)削除
4月定期
・県有段者選手権 3月10日 青森支部道場
小林憲治五段(青森市)が優勝し、東北六県将棋大会の代表に決まりました。決勝戦は相振り飛車で、飯田五段は序盤機敏に仕掛け有利な戦いになりました。直後、金を活用しましたが、余分に手数をかけて銀を活用したら優勢を持続出来たようです。それが勝敗につながりました。小林さんのその後の構想が正確でした。飯田さんの準優勝も素晴らしい成績ですと褒めたい。

・弘前市民将棋大会 3月17日 弘前文化センター
優勝は鈴木雄貴五段(青森市)です。このところ県タイトル戦以外でよく優勝しています。各地区の大会でも、県タイトル戦と比べてレベルが決して落ちるものではない。そろそろ県代表をねらいましょう。

・毎日杯本戦
3月31日 青森支部道場
当日、観る将の予定でしたが風邪気味でいけませんでした。
若い時みたいに気力でカバーは、さらなる悪化につながります。優勝は飯田巧五段(青森市)です。最近好調ですと言うより、安定して強い。青森県は若手が強いのですが、必ず優勝出来るとは限らない。ベテラン陣も頑張り、全体のレベルが上がったら理想的だ。

・相腰掛け銀の手待ち
最近のプロ棋戦で相腰掛け銀が流行している。序盤早々、先手が▲6八玉から▲6九玉の手待ちは当初意味がわからなかった。後手の△4二玉~△5二玉の繰り返しも同様だ。
私が若い時はあり得ない発想だ。それが最善だとしても、しっくりこないのは私だけだろうか。柔道なら戦う意志が不足とみなし「指導」で減点だが将棋にはない。実際はほとんど先日手にならず問題にならない。結論として将棋の指し手は自由であり、このように考える事は古くさいのかもしれない。
よって皆さんはあまり気にしないでください。
返信
返信0
奈良岡 実さん (8dby0hcz)2024/3/31 17:42 (No.1123747)削除
【毎日杯争奪将棋大会結果】
参加25人・4人一組の予選後、通過者によるトーナメント
①飯田 巧  五段(青森市)
②旦代 一男 五段(青森市)
③櫻井 飛嘉 五段(青森市)
③三浦 行  五段(弘前市)
返信
返信0
奈良岡 実さん (8dby0hcz)2024/3/27 08:29 (No.1119700)削除
【大会の駐車場について】
お隣の商業施設の駐車場は使えないのでご注意下さい。
返信
返信0
田中 篤さん (8fp0ewil)2024/3/20 18:19 (No.1112989)削除
シャンチーの対局が大きな意味を持つ話ですが、対局シーンは制作側から依頼を受けた日本シャンチー協会の監修によって制作されています。(最後にクレジットがちゃんと出る)、制作側の熱意に全力で答えた結果、素晴らしい映像ができ上がりました。駒を動かす手が美しい、という感想多数。それもそのはず、一番きれいに駒を動かす人(無論、所司先生)が実際に動かしてるところを撮って、その動画をもとに作っています。こういうことにかかわることができるのも、将棋をしていたからなんですね。純粋に将棋を楽しむのももちろん大事ですが、将棋はいろんなところで役に立ちます。
「薬屋のひとりごと」23話(3/16放映)より
返信
返信0
奈良岡 実さん (8dby0hcz)2024/3/19 15:35 (No.1111783)削除
今日は大きい文化賞の式典でした。受賞者のお父様は私が書いたものを読んで下さっているそうで、ありがたいことです。さらに東京勤務のとき羽生さんにお会いする機会があり、自社の大手学習塾のCMをお願いすると、引き受けていただいたそうです。その縁で、米長邦雄永世棋聖とか、中原誠十六世名人とも面識があるとのことでした。どこでどういうご縁があるか分かりませんね。本県出身で方言が人気の女性芸能人の所属事務所社長も審議員の1人で、幼少のころのお話とかも伺いました。本人はテレビ番組の取材で道場に来たこともありますが。
返信
返信0
旦代 一男さん (8hb0xrk6)2024/3/18 09:33 (No.1110652)削除
第4回障害者交流将棋大会のお知らせ

 下記により開催しますので、多数の参加をお待ちしております。

日  時 令和6年5月26日(日) 受付9:10 開会式9:50 
     対局開始10:10 
場  所 アピオ青森 2階大研修室
     青森市中央3-17-1   電話 017-732-1010
参加資格 三段以下で、事前申込された方
    (風邪の症状や新型コロナに感染が疑われる場合は、運営者に
     連絡のうえ参加のご辞退をお願いいたします。)
クラス分 Aクラス 【初段・二段・三段】
     Bクラス 【1級・2級・3級】
     Cクラス 【4級以下】
競技方法 スイス式トーナメント方式5回戦
     対局時計使用(A・Bクラス)持ち時間15分、切れたら30秒
    (参加人数等により内容を変更する場合があります)
     ※審判長:青森県将棋連盟会長 北畠 悟 五段
入  賞 各クラス共、上位4名
     Bクラス優勝者には初段位、Cクラス優勝者には  
     2級認定状を贈ります。
会  費 一 般 1,500円  大学・高校・中学生 1,000円
     高齢者(75歳以上)1,000円   障害者 1,000円
     女性・小学生 500円
     ※昼食なし、各自でご用意してください。
申込締切 5月22日(水)まで
     〒030-0845 青森市緑3-1-2
     日本将棋連盟 青森支部
     障害者交流将棋大会 係
    ・電話・FAX: 017-775-7744
    ・メール:naraoka.minoru@gmail.com
     上記まで葉書・電話・FAX・メール等でお申込み
    (住所・氏名・年齢又は学年・段級位・参加クラス等     
     を記入)    
お問合せ 上記連絡先  担当:奈良岡又は旦代まで
※申込先メールアドレスが前回と変わっておりますので
     ご注意を。
返信
返信0
奈良岡 実さん (8dby0hcz)2024/3/14 18:02 (No.1107274)削除
【不在のお知らせ】
3月17日(日)弘前市民将棋大会のため道場不在となります。お気を付けください。
返信
返信0
奈良岡 実さん (8dby0hcz)2024/3/8 13:33 (No.1100965)削除
青森県将棋連盟のPCをお借りして投稿させていただきます。私、青森市でゲーム・eスポーツのイベントビジネスの専門企業の設立を目指す起業プロジェクト「Blue Flare(ブルーフレア)」代表の大地と申します。
3月16日、我々の団体によるゲームイベント「Gaming Fantasia(ゲーミングファンタジア)」が青森市の県民福祉プラザにて開催されます。本イベントは各ゲームメーカーから公式許諾を取り、7つのゲームが体験できる全世代型の催しです。

今回取り扱うゲームの1つに、「リアルタイムバトル将棋オンライン」というゲームがございます。このゲームは、実際の将棋をベースとしつつ、「駒を交互に指す」という将棋の基本ルールを撤廃したもので、リアルタイムに次々と駒を動かして相手の王将を取るゲームとなっております。瞬間的なひらめきや直感、スピーディなコントローラー操作が求められるため、通常の将棋とはまた違った面白さがございます。

こちらのゲームをぜひ青森県の棋士の方々に体験してもらいたいと思っております。県民福祉プラザはふだんから将棋大会が開かれている会場でもありますし、足を運んだことがある方も多いかと思います。ふだんの対局の息抜きに、ぜひ一度、リアルタイムバトル将棋をご体験くださいませ。

↓公式ホームページはこちら↓
https://www.silverstar.co.jp/02products/rtbs_online/
返信
返信0
奈良岡 実さん (8dby0hcz)2024/3/7 08:41 (No.1099469)削除
お待たせしました。北東北三県の合意による中学生名人戦ブロック大会の要項を発表します。2人が名古屋に行けるわけでチャンスがありますので、中学生のみなさんはチャレンジしてみてください。
返信
返信0
奈良岡 実さん (8dby0hcz)2024/3/7 08:39 (No.1099466)削除
【中学生名人戦北東北大会要項】
・日時 令和6年5月25日(土)12:00受付 12:30開始
・会場 日本将棋連盟青森支部道場
    青森市緑3-1-2
・受付 当日
・参加資格 青森・秋田・岩手在住の中学生
・参加費 500円
・競技 スイス式4回戦 全勝者は代表権獲得
    全勝者1人の場合は3勝1敗者による選抜戦で
2人目の代表決定
・賞  上位2名は7月に名古屋で行われる中学生名人戦の北東北代表となる。3勝1敗者は入賞。
・審判長 青森県支部連合会 奈良岡 実五段
・問い合わせ 017-775-7744青森支部道場
返信
返信0

Copyright © 青森将棋界のHP, All Rights Reserved.